◆◇◆ あなたに最もふさわしい視力回復方法を見つけましょう!◆◇◆


日本人の3人に1人が視力障害を持っており、世界的にも日本人は近視の多い人種と言われています。
その理由として、複雑な漢字を使用していること、繊細な作業が好きであること、勤勉であること、環境や遺伝的なこと、などが挙げられますが、はっきりとした原因はいまだに分かっていません。
そして、近視になった方々のほとんどが裸眼生活をあきらめ、メガネやコンタクトレンズに頼っています。
コンタクトレンズ愛用者にいたっては現在では1600万人を超えています。
もちろんメガネやコンタクトレンズを装用することも視力回復方法のひとつですが、スポーツをする人などではメガネは邪魔でしょうし、
水泳ではコンタクトレンズでさえ邪魔なときがあります。
つまり、視力回復方法は、美容上などの理由や趣味・生活の質の向上のためのライフスタイルによって大きく異なってきます。
お金のない人、時間のない人、どうしても裸眼視力が必要な人、それぞれの状況や環境にも大きく影響されます。
自分にとって最も適した視力回復方法は、自分のライフスタイルと環境を十分に考慮した上で選んだ方が良さそうです。

視力回復方法研究室 【MENU】

視力回復方法の基礎知識 01 視力回復方法の種類 02 視力回復方法の選び方

なにかと忙しい現代生活で視力回復を効率よく行うには、正しい眼の構造や視力に関する最低必要限の基礎知識が必要となります。貴重な時間を無駄にすることなく効率よく視力回復を行うためにしっかりと学習しておきましょう。


03

日本人は近視が多い

04

近視の仕組みと原因あれこれ

05

眼の基本構造とはたらき

08

眼のピント調節の仕組み

07

近視の視力回復方法(矯正方法)

08

正視、近視、乱視、遠視

09

さまざまな視力

10

視力の測り方

 

視力回復方法には様々な種類があります。遠方などを眺める訓練方法や、メガネやコンタクトレンズなどの器具を用いる方法、最近では近視を医療用レーザーを用いて手術を行う視力回復方法(レーシック)が注目を集めています。


12

メガネ・めがね・眼鏡

13

コンタクトレンズ

14

視力回復トレーニング

15

近視レーザー手術(レーシック)

16

オルソケラトロジー

16

視力回復のためのサプリメント

16

視力回復のための食材

16

視力回復のための目薬

 

視力回復方法には様々な方法がありますが、いったいどの視力回復方法を選べばよいのでしょうか?視力低下の原因や程度にもよりますが、自分の現状を見つめなおし将来のライフスタイルに適した視力回復方法を選ぶのがベストです。


17

生活環境を考える

18

ライフスタイルを考える

19

自分の経済状況を考える

20

視力回復に使用できる時間を考える

21

将来や現在の職業を考える

21

年齢に適した視力回復方法を考える

21

生活の質向上を考える

視力回復とライフスタイル 27 視力回復と眼の病気 28 視力回復と視力の管理

視力が低下すると、日常の生活や趣味、スポーツなどのライフスタイルに大きな影響を与えてしまいます。大好きだったスポーツが嫌になったり、また集中力も低下して日常生活や趣味まで変わってしまうことがあります。


29

なぜ視力回復させたいかを考える

30

目的別による視力回復方法

31

生活の質を向上させる

32

趣味を楽しむ

33

スポーツを楽しむ

34

仕事を充実させる

34

恋愛を楽しむ

 

眼にはさまざまな病気があります。近視や乱視、遠視は病気ではありませんが、間違った視力回復を行うことによって病気になってしまう場合があります。正しい視力回復を行うためにも一度、勉強しておくことをおすすめします。


35

眼を守るしくみ

36

代表的な眼の病気

37

眼と紫外線

38

ドライアイと視力回復方法

38

白内障と緑内障

38

視力回復と眼精疲労

38

コントクトレンズによる角膜障害

 

視力の管理は非常に大切です。せっかく視力回復を行っても眼のケアや管理を怠ると元の状態に戻ってしまう場合があります。眼や視力にとって良いことは日常生活の習慣として積極的に取り入れていくのが賢明です。


39

視力回復の歴史

40

年齢と視力管理

41

環境と視力

42

食生活と視力

43

視力回復とサプリメント

43

VDT症候群

43

コンタクトレンズ管理の重要性

 
 スポーツと視力回復方法
 


 ◆◇◆スポーツを行う際には、一般的にメガネは不便でありコンタクトレンズでさえも不都合な場合もあります。◆◇◆


スポーツ
を行う場合には、スポーツの種類にもよりますが、一般的には視力が悪いと不利となってしまいます。特に、格闘技や激しい運動、素早い動きを捉える動体視力を必要とするスポーツでは、メガネはもちろんのことコンタクトレンズでさえ邪魔になることがあります。
スポーツをライフワークに取り入れたい人たちやプロスポーツ選手にとっては、より過酷な条件の下でのシビアな視力を必要とします。視力が悪くてもスポーツをやりたい人は、まず自分が必要とする視力の能力をしっかりと見極め、自分にとって最も適切な視力回復方法を見つけ出す必要があります。

  ■ スポーツに必要なさまざまな視力
  ■ スポーツを行う環境による視力への影響
  ■ スポーツと視力回復方法のポイント!
  ■ 視力矯正器具を装用する視力回復方法
  ■ 裸眼視力を得るための視力回復方法
  ■ スポーツビジョンと視力回復方法
  ■ スポーツビジョンとは?
  ■ プロスポーツ選手も受けた視力回復体験談
 

プロが選ぶ神戸神奈川アイクリニック

レーシックを受けたいけど安くて安全な眼科クリニックはどこ?
最新 レーシック イントラレーシック
最新イントラレーシック
最新Zレーシック、アイレーシック


Last UpDate 2014年9月30日


スポーツと視力回復方法
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ